digi-ken_logo2010.png

特定非営利活動法人 地域資料デジタル化研究会.

TEL: 090-2491-4085
特定非営利活動法人 地域資料デジタル化研究会
〒406-0041 山梨県笛吹市石和町東高橋133
Fax: 055-262-5224
LinkIconnpo.digiken@gmail.com

.

好評発売中

ジャケット_表.jpg−方言の島−
奈良田のことば

本体 ¥2,000+税
送料 ¥360-

【収録項目】
 1.奈良田の紹介
 2.奈良田の昔話
 3.奈良田の言葉
 4.奈良田の芸能
 5.奈良田の方言とは
 6.謝辞・エンディング

ご注文方法は、こちら

−方言の島− 奈良田のことば
DVDビデオ 145分
価格 2,000円+税、 送料 360円
JAN 4582496161015
企画: 山梨ことばの会
製作•著作•売元•販売元: NPO法人 地域資料デジタル化研究会
製作協力: 株式会社ケイファイブ


ジャケット_裏.jpgこのDVDは、単に山梨県奈良田の方言を収録したものではありません。日本語のルーツが伺える貴重な記録です。
日本語研究者から「言語島」と呼ばれた山梨県早川町奈良田の言葉は日本の方言の中でも特異な存在です。例えば、地理的には関東圏なのに語る会話は京都や大阪のアクセントです。「雨」は「飴」の、「箸」は「橋」のアクセントで話すのです。もちろん、その逆もあり、対立しています。音声的特徴として、8月は〈ハチガトゥ〉、水は〈ミドゥ〉と発音され、室町時代までは区別されていたという四つ仮名(ジとヂ、ズとヅ)の発音もしっかりと残されています。


奈良田には「ありがとう」という感謝の言葉がないのです。

Still0202_00010.jpgびっくりするあなた、ご安心下さい。奈良田の人々は「有難い、嬉しいよ」と言うのです。これこそ「ありがとう」の語源である仏教語の「有難し」の元の姿がそのまま残っている証拠です。万葉集や古事記にも記されている〈サカシイ〉(険しい)や寝小便のことを〈ネウバリ〉 というのも古い表現です。
平成20年から25年まで、足かけ6年の歳月をかけて撮影•収録•編集。


Still0202_00007.jpg孝謙天皇にまつわる伝説や昔話、芸能、日常会話、挨拶など2時間25分にわたって記録しました。映像は奈良田の人々の特徴を出すべく地内の各所で撮影、音声の理解を助けるべくすべて共通語と方言の字幕を付けました。もちろん、字幕なしでも視聴できます。是非、日本語の不思議な世界を体験してみてください。


消え行くひとつの日本語、もう話す人は30人もいないのです。

Still0202_00012.jpg

【お申込】Tel: 090-2491-4085 Fax: 055-262-5224

直接ご注文の際は、ご注文後 2,360円 (送料込み) を下記口座までお振込み下さい。

銀行振込[山梨中央銀行 富士見支店 (普通) 108849 地域資料デジタル化研究会 ]
または
郵便振替[記号番号 00210-9-71466 地域資料デジタル化研究会

振込手数料はお客様のご負担となります。あらかじめご了承ください。

【ウェブからのお申込】

奈良田のことば_チラシ_20130326.pdfちらし(PDF版 2MB)